まったく稼げない日々

決意はしましたが、
僕はアフィリエイトという存在を知る前は、
パソコンを全くと言っていいほど使った事がありませんでした。

中学生の時、パソコンを学ぶ授業がありましたが、
その時は興味なんて全く無かったので、
全く授業なんて聞いていませんでした。

ネットカフェに勤めても、基本的に接客しかせず、
パソコンの内容でお客様に何か聞かれても、全て店長を呼んでいました。
(本当にろくでもないバイトだったに違いありません。)

家にも、もちろんありません。

正直、パソコンの電源の入れ方もよく分かりませんでした。

しかし、アフィリエイトしか僕の生きる道はない
と思ったので、先輩に相談しました。

「どんなにボロくてもいいので、
購入できるパソコンってありませんか?
3万円しか用意できないのです。」

としつこく聞いたところ、

「知り合いに聞いてみるわ。
でも3万円じゃ良い性能のパソコンは
絶対に購入できないから期待せんといてな」
と言っていただけました。

そして、先輩は、
知り合いのパソコンを扱うお店の方に電話をしてくだり、
3万円程度で購入できるパソコンを数日のうちに用意してくれました。

当時のパソコンについて
全く知識のない僕にとっては、
「3万円でもこんなすごいものが購入できるのか!」
と驚いたもんです。

しかし、今考えれば、
あのパソコンの性能はとんでもなく悪いものでした。

行う作業の全てが異様に遅く、

起動するのにさえ、
3分以上待ってましたからね。

こんな感じで、僕のアフィリエイト人生が始まりました。

そして最低限の知識を
先輩から教わり、実践していきました。

しかし、当たり前ですが、
すぐには稼げるようにはなりませんでした。

高校を卒業して、
専門学校に通い始めたクソガキで、
「人に物を売る」という意味すら考えた事なんてありませんでしたから。

当然といえば当然ですね。

具体的に言うと、
最初の1ヶ月間で稼げた報酬はたったの70円でした。

作業時間としては、
1日2時間から3時間。だったような気がします。

取り組んでいたのは、ケータイアフィリエイトです。
ケータイのサイトを作成し、
そのサイトにアクセスを来させるために、
ランキングに登録して、
自分のサイトにアクセスを来させるために
来る日も来る日も自分でランキングをポチポチクリックしていました。

その時は、それ以外アクセスを集める方法を知らなかったので、
無我夢中で気が狂ったようにそればかりしていました。

今では、あの作業がどれだけ無駄だったかがわかり、
苦笑するしかありませんが。

でも、その時は本当に真剣だったのですよ。

彼女はこの時、まだまだ「うつ病」真っ只中でしたので、
学校に行って、夜にネットカフェのバイト、その後、彼女の看病の時間、
その後、アフィリエイトの作業って感じでした。

徹夜して、一睡もせず、
学校に行っていた日も珍しくありませんでした。
(まぁ正確には学校に授業中には寝ていましたが 笑)

そんな状況で、アフィリエイト2ヶ月目の報酬は1000円くらい。

3ヶ月目は5000円くらい。
(初の5000円超え突破!)

その後、1万円や2万円くらい行く月もありましたが、
それ以上は稼げる事ができません。

最初の1年間で
総額10万円ほどの収入しかなりませんでした。

月5000円以上稼げない人が95%以上とい
われるアフィリエイトの業界において、
月1万円でも稼げたら、良い方なのかも知れません。

しかし、僕がアフィリエイトに費やした
1年間の作業量を時給換算すると、
とんでなく低い時給でした。

僕はアフィリエイトで生活しなきゃいけないという気持ちで始めたので、
このまま同じ作業をしていてはダメだと言う思いが芽生え始めました。

→ 稼ぐ為のきっかけ・情報商材との出会い

  • この記事を書いた人

ともしん(金田真司)

ブログメルマガマーケティングの専門家。アフィリエイトやコンテンツ販売、個人法人問わずのコンサルティングもしています。10年以上続けており、収益は2億円を超える。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アフィリエイト収入2億円稼ぎ自由になってしまったともしんのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.