未分類

日本のアフィリエイターは世界で一番幸せな人種かも知れないと思った話。

日本のアフィリエイターは世界で一番幸せな人種かも知れないと思った話。

以前、知り合いのフランス人に聞いた所、フランス料理はおいしくないと言っていた。

日本の料理の方が圧倒的に上手いと言っていた。

これは、自分の実感としてもだが、
他の知り合いや、テレビでも、海外に行った人に聞くと、
口を揃えていっているのは日本食が一番うまいという事。

また、この他にも、日本は非常に治安が良いと言われるし、
日本人は非常に親切だというのが世界の常識だ。

また、日本の車は壊れにくく、外車は壊れやすいとも言われる。
その他の家電製品なども日本のものは世界で非常に評価が高い。

医療費も国民健康保険があるおかげで、世界的に見れば安い。

アメリカでは、盲腸など、ありきたりな病気で
数百万円を請求される事が普通だそうで、
病気のために破産する人が大勢いるそうだ。

安く利用できるファーストフードでさえ、
日本のサービスは徹底しており、店員は非常に礼儀正しく、気持ち良く利用できるようになっている。

だが、これらの素晴らしい所は、働く側の視点から見れば、
サービス残業、クレームへの過剰なまでの謝罪対応、ブラック会社などを蔓延させる原因にもなっている。

働き手として考えた時、日本は非常に大変な国だ。

つまり日本は「消費者として」考えれば、最高の国なのである。

そう考えると、

日本で収入の自動化を済ませたアフィリエイターというのは、
非常に幸せな人種なのではないかと思った。

日本には住んでいるだ、自分で働く事はないので、
日本の大変な所を全く感じる事なく、

消費者としてだけ、日本の素晴らしいサービスをいつでも受け取る事ができるからだ。

 

◆編集後記

先日、ふるさと納税で届いた北海道の海の幸を使って、海鮮鍋をしました。

蟹やイクラ、ホタテ、イカをたくさんいただきました。非常に美味しかったです。

 

 

  • この記事を書いた人

ともしん(金田真司)

ブログメルマガマーケティングの専門家。アフィリエイトやコンテンツ販売、個人法人問わずのコンサルティングもしています。10年以上続けており、収益は2億円を超える。

-未分類

Copyright© アフィリエイト収入2億円稼ぎ自由になってしまったともしんのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.